水が止まらない場合

水が止まらないというトラブルが起こることが良くあります。特にメーカーの製品としての年数が古いものや何処のメーカーかわからない水道の部品を使っていたりすると起こったりします。水のトラブルでよく知られるのは水道の配水管回りでしょう。たとえば、蛇口が壊れた、入水施設が破損して水が噴出した、配水管がつまって排水が逆流したなどです。水が止まらなくなるといった状態は、水道のトラブルの中でも特に多く、蛇口の典型的な故障といって差支え無いです。

水が出てしまうということは、下手に放置できないと言うことになります。トイレのつまりも深刻な問題ではありますが、水が出続けるのも大きな問題となりえます。水は元から切ればとるものですが、そういったものを含めて水道業者に早期の修理をしてもらい、使用可能な状態にしてもらうことが必須となります。

水回りにおいて、この蛇口の問題は上に挙げたもの以外にも原因があります。それが利用頻度やその蛇口の形態にあります。具体的には回すタイプよりも押したりスライドさせるものに故障が多いといわれています。パルプが緩むことで水が止まらなくなる場合もありますが、その前提となる機器が破損しやすい蛇口形態の方がトラブルが多くなのは必然的です。特に手前にスライドさせるタイプは、力の入れ方とその施工の雑な蛇口が一致すればすぐにでも外れたりして修理が必要になります。